私が脱毛に興味を持って、ようやく人に見せる勇気が湧いた時の出来事です。
私と同じ悲しい想いをする人がいなくなるように願いを込めてお話ししたいと思います。
脱毛に向かない人がいる
随分前から脱毛は女の子のたしなみですよね。
昔から、自分の体毛の濃さに悩んでいたのですが、それを他人に見せるのも勇気が要りますよね!
でも、毎日の処理に悩むなら、思い切って行ってみようと、まずとある大手のお試しに行く予約を取ったのです。
予約までは、とてもスムーズに取れました。そして、当日…「お待ちしていました」と丁寧に案内され、私より若い子が担当かぁ?と思いつつも、まずカウンセリングとのことで、アンケートの記入をお願いされたので、何も知らない私は正直に記入していきました。
ところが、書き終えて、再び担当の女の子とアンケートを元に話し始めたら…険しい表情…どういうこと?と思い担当の話を聞いていくと…
お客様「薬」を飲まれているんですね。と切り出されました。当時の私は、メンタル系の薬を頓服で飲んでいました。どうやら、薬を飲んでいる事が問題なようです。
そして、「申し訳ございませんが、当店ではお引き受けできません」と、断られたのです。
特に予約の際の注意事項で聞かれもしなかったし、規約みたいなものにも、書かれていないようでした。ストレス社会の世の中です。メンタル系の薬を飲む人も少なくないと思うのですが、納得できる理由もなく、断られとても悲しかったです。
しかし、それから違うサロンを見つけ、そこで同じように確認をしたところ、「うちは大丈夫です」と言ってもらえるところを見つける事が出来ました。
脱毛と薬って、素人には何の関係があるのかわかりませんが、薬の種類等によっては、施術前に断られることがあるので、これを読んで下さった方で、私と同じように薬を飲んでいて、これから脱毛に行きたいと思っている方がいましたら、予約を取る際に、薬を飲んでいても施術してもらえるかを確認することをおすすめします。
結論的には、自分の条件に合う所が見つかって、悩んできた体毛も減り、途中で妊娠、出産をしているので、また落ち着いたら、再度通う予定ですが、前ほどの悩みはなくなりました。
自分の条件に合うストレスフリーなサロンを探して、ツルツル美肌女子を一緒に目指しましょうね!

札幌 脱毛ならここ